2019.01.23 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.10.16 Tuesday

    遊んだゲーム:チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク

    0

      「チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク」は、カードを集めて有名な観光名所へ至るルートを構築し、行き先チケットを完成させ、ニューヨークの観光を行うゲームです。

      https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006898/

       

      とりあえず、コンパクトに徹したニューヨーク。

      まずは各プレイヤーのコマの数は15個しかなく、最長路線ボーナスはありません。

      ただ踏んだだけで点数になる場所があり、各カードの色の枚数差も多少異なります。

       

      ですが、いつものように、カードを引いて手札にするか、手札からカードを出してルートを構成するか、チケットカードを追加するかのどれかをします。

       

      コンパクトさとコマの数の少なさが相まって正味20分ちょっとで終わり、それでいてチケット・トゥ・ライドのエッセンスがしっかり含まれています。

      またよく聞かれる「カードを引ききってからの勝負」とは違う展開が期待できます。

      短時間でシッカリ遊べる好ゲームといえるでしょう。

       

      2018.10.05 Friday

      動画:トピアリーの紹介

      0

        トピアリーの動画を投稿しました。失礼いたしました。

        なかなか1人で動画を撮るのは難しいです。練習するしかないようですね。すみません。

        https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006632/

         

        2018.10.02 Tuesday

        イベント報告:サロン・バネスト #5

        0

          いつもお世話になります。中野です。

          9/25にサロン・バネストを開催させていただきました。

          中野の盟友でありますごーちんさんも招いての、2時間のカフェイベントです。

           

           

          当日遊びましたのは、ころがる魔女スティックスタックお邪魔者ヒトトイロ、ワードスナイパー、ラウンドザワールドでした。

           

          ころがる魔女

          新作で、指示された場所にスポンジのサスペンションを活用した操作アクション系。

          なかなか言うことを聞かないものです。

           

          スティックスタック

          中華系のバランスゲーム、色と置く場所を合わせる必要があります。

          支柱がスプリング仕掛けなのがいやらしい。

           

          お邪魔者

          お邪魔者が厳しく立ち振る舞ったため、岩石さえも行けずに封殺しました。

          お邪魔者の勝ちです。

           

          ヒトトイロ

          色の発想というものは案外合わないものですね、ジェネレーショギャップを楽しむのも吉かと思います。

           

          ラウンドザワールド

          ごーちんさんと2人で対戦しましたが、中野航空は途中で路頭に迷って失敗したようです。

           

          次回は未定ですが、10月中から11月の頭でに計画します。

          どうかご期待くださいませ。ありがとうございます。

          -------------------------------------------------------------

          Pottoさんは、以下の場所です。

          店名:Potto (ポット)
          予約・お問い合わせ:052-916-3777
          住所:愛知県名古屋市北区駒止町2-123
          営業時間:9:00-21:00
          日曜営業
          定休日:毎週水曜日

          Potto - 地図

          https://tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23057854/

          中野評:実はクッキーがおいしい、3枚100円。

          2018.09.22 Saturday

          遊んだゲーム:ジャアク教授と時限要塞

          0

            「ジャアク教授と時限要塞」は、時を操るジャアク教授の館に潜入し、ジャアク教授の回収より先に秘宝を獲得する協力ゲームです。

            https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006850/

             

            ジャアク教授はタイムマシンを所有し、最高の歴史的商品をすべて確保しています。
            プレイヤーのチームは、これらのアイテムを没収し、適切な場所に戻すことが義務付けられています。

            ただ彼は潜んでいる人を捕まえても、玄関ドアの外に出すだけです。

            手番では自分の山札から2枚のカードを引き、そのうちのカードの1枚を選びます。

            あなたが入っている部屋のドアを開けたり、部屋から開いているドアを通って別の部屋に移動したり、警報を無効にしたり、勝利条件を満たすために宝物を確保するなどの3つのアクションを取れます。

            カードを使用することは任意です。必要に応じてアクションを繰り返すことはできますが、ジャアク教授の部屋に入ることはできません。

             

            手番を終えた後に、ジャアク教授は行動します。彼は必ずしも論理的に動くとは限りません。彼は3つのダイスを振ってその結果に従います。1つのダイスは、ボード上の時計を動かし、あとの2つははジャアク教授がどこでどこまで動くかを決めます。
            彼はまた、ドアを閉じて、警報を再び起動させます。

             

            各宝物には残された時間制限と1つ以上の警報があり、3つの宝物がボードに置かれ、青色、赤色、緑色のトークンで識別されます。時計の上でジャアク教授がこのトークンに到達するとその宝は失われ、4つの宝を失うとこのゲームの任務が失敗となります

            ジャアク教授と同じ部屋にいることはできませんが、狙う宝物に表示されているすべての警報を無効化しなくてはいけません。

            キャラクターのカード

             

            ジャアク教授との戦いにて、宝物を集めたら新しいものがゲームボードに追加されます。

            ジャアク教授が回収する前に4つの宝物を集めると、任務成功となります。

             

            さてこのゲーム、各キャラクターの特性をうまく活用して、各カードの効果を使い計画的に、ジャアク教授の行動を見据える必要があります。ジャアク教授はダイスの効果でランダムに動くので、それらの行動に対抗する妥当な形で先回りをする必要があります。

            各キャラクターは、移動、アラームスイッチ、ドアなどへの対応に優れており、タイミングでスーパーパワーを獲得できたりします。それらの組み合わせがクリアにつながります。

             

            基本的に協力ゲームですが、ダイスの効果も相まって、楽な展開にはなりにくく、惨敗はないものの通常は惜敗レベルな結果になっていきます。その中でのチームワークで辛勝に持っていけるような、キャラクターの行動と移動に心がける必要があります。

            キャラクター一覧

            2018.09.22 Saturday

            遊んだゲーム:スプリングメドウ

            0

              「スプリングメドウ」は、雪が残る広い草原から、それらの雪をなくし、マーモットなども活用していくパズルゲームです。

              https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006871/

               

              このゲーム、コテージガーデンとインディアンサマーに続く3作目の公園系のパズルゲームですが、箱絵が白を基調にしており、エーデルワイスとマーモットという、非常にファンシー系を狙ったゲームと思われます。

               

              草原のパズルタイルが、ボードのマス目に置かれ、タイルが獲得できる列が順番ごとに決められます。

              タイルを場から獲得し、自分のボードに手前から順に、可能な限り隙間なく埋めていきます。

               

              タイルには穴があいており、穴のグループを作成や拡張できるように追加の穴埋めタイルを受け取るためにパズルタイルを置きます。

              マーモットの巣は注意が必要で、タイルの配置にてマーモットの巣を覆うと、穴グループを埋めなくてはいけなくなります。マーモットの巣に穴を合わせると得点になります。

               

              得点は、プレイヤーの中央ゲームボードからの草原のタイルの選択にて、列のタイルが規定枚数以下になったら、各プレイヤーのボードの埋まり方によって決まり、草地が最も多いプレイヤーがハイキングピンを受け取ります。

              このハイキングピンを2つ獲得したプレイヤーが勝ちとなります。

               

              順番に敷き詰めていきますが、計画性が重要なゲームです。

              マーモットの巣穴にうまく穴が来るように配置することで、マーモットの巣を埋めてしまう手詰まりを防ぎます。

               

               

              2018.08.29 Wednesday

              遊んだゲーム:ピラミッドのつくりかた

              0

                「ピラミッドのつくりかた」はあなたを古代エジプトの世界へ誘い、それぞれ古代エジプトの王朝を率い、繁栄を目指します。

                https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006809/

                 

                このゲームは、ピラミッド/オベリスク/石櫃の5種類の素材をうまく活用して構成し、それらで得点を獲得していくゲームです。

                 

                ゲームは以下の流れで行います。

                 

                1、砕石フェイズ:

                砕石フェイズでは、建設カードを2枚ずつペアにして、人数に対応する枚数めくります。

                 

                2、神タイル選択フェイズ:

                神タイル選択フェイズでは、スタートプレイヤーから順に、選択可能な神タイルを選びます。

                神タイルには、行動順と建設可能な建物が描かれます。

                 

                3、建造フェイズ:

                選択した神タイルの順に、カードを用いて、ピラミッド/オベリスク/石櫃に対してカードをプレイします。

                ・ピラミッド:ピラミッドはピラミッド状に建設カードを組んでいきます。この時同じ種類の素材が連鎖するように並べると得点が高くなり、またピラミッドのアイコンも得点を与え、ゲーム終了時にすべての素材が3つ以上あればボーナスになります。

                ・オベリスク:オベリスクは、建設カードの上半分が隠れるように置き、1つの素材で各段階で最も多く使用するようにします。またオベリスクのアイコンも得点を与えます。

                ・石櫃:石櫃は、裏向きにピラミッドの下に建設カードを重ねて置き、各色で最も多い素材になるように置きます。また石櫃のアイコンも得点を与えます。

                 

                4、ラウンドの終了:

                その後神タイルを戻し、スタートプレイヤーを移します。

                手札の持越しは1枚のみです。2枚以上ある場合は1枚になるように捨て札にします。

                 

                ゲームはすごくシンプルですが、どの建設カードの素材が自分にとって都合がいいのかを考えて取っていく必要があります。

                ピラミッドの各色3つボーナスはそれなりに強く、またアイコンの加点もバカになりません。

                 

                決して歴史に名前を残せなかった王朝にならないようにしましょう。吉村教授にソッポ向かれかねません。

                世界ふしぎ発見のOP掛けてやるとテンション上がります。

                 

                 

                2018.08.27 Monday

                イベント:金沢ボードゲームマーケット 報告

                0

                  いつもお世話になります。

                   

                  8/19に金沢のボードゲームマーケットに参加しました。

                  朝の4時出発、帰りは夜の23時という20時間ミッション近い強行軍。われらがサンバーのバネスト号で頑張ります。

                   

                  到着は8時過ぎ、着々と準備します。

                  いつも金沢駅地下広場の会場は暑いことで有名ですが、名古屋の猛暑に耐えた中野には何とか耐えられられるものでした。

                  とりあえず棚だしします。

                   

                   金沢駅、日曜朝8時

                   

                   中野、すし太郎のナゾTシャツ

                   

                   準備中のバネスト、

                  まさかDA PUMPが天下取るなんて、2-3年前には思いつかない話。

                   

                   ラインナップ、ZENDOなども準備しました。

                   

                   ラインナップ

                   

                   皆さん関心があり、盛況でした。

                   

                  金沢のイベントは非常に盛況で、皆さま新しいゲームや気になるゲームに関心を多く持っていただきました。

                  非常に好感触で、やりがいがあります。また実際の売り上げも非常に良かったです。

                  皆様どうもありがとうございました。

                  2018.08.27 Monday

                  イベント:サロン・バネスト#04 with ごーちん 報告

                  0

                    いつもお世話になります。ゲームストア・バネストです。

                     

                    先ごろ、土曜日にイベントを開催しました。

                    アナログゲームステーションでご一緒した”ごーちんさん”を招き、ゲームのイベントを行いました。

                    場所はいつものPottoさん。バネストから徒歩2分です。

                    いくつかのゲームを行った後、トークショーを行いました。

                    いくつかの写真を掲載しておきます。

                    看板です。

                     

                    プールパーティ

                     

                    うんちしたのだあれ

                     

                    ウーシュ!

                     

                    その後トークタイムを設けました。

                    ごーちんさんと中野のボードゲームトークです。

                    色々としゃべらさせていただきました。ありがとうございました。

                    2018.08.24 Friday

                    動画:BGMブランクカード/キリバコ/キリフダの紹介

                    0

                      ゲームの紹介ではありませんが、カード制作のお助けアイテム「BGMブランクカード/キリフダ/キリバコ」の紹介です。

                       

                      こういったもので、手軽にゲーム制作を行ったり、試作品の展開に使えるでしょう。

                      いずれもAdobe系のソフトのレイアウトを活用し、さまざまな創作活動に展開できそうです。

                       

                      2018.08.23 Thursday

                      遊んだゲーム:スコットランドヤードカードゲーム

                      0

                        「スコットランドヤードカードゲーム」は、対象が変化する犯人逮捕のために、刑事側は調査を行い誰がXかを探り、ミスターXは捕まらないようにします。

                        https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006828/

                         

                        ブラックチケットの山札をあらかじめ準備します。

                        残ったブラックチケットを混ぜ、チケットカードの山札の最初のほうにミスターXを混ぜて、各プレイヤーに8枚ずつ配ります。

                        残りはチケットカードの山札です。

                        3枚のアクションカードの下側に、チケットカードを数字順になるように並べ、公開チケットとします。

                        拡大鏡カードを3枚並べ、初期状態にします。

                         

                        手番になったら、カードを1枚引いて、公開チケットにカードを配置して、アクションを行います。

                        チケットカードは今置こうとするチケットの数字以上で、置いた後に左から右に数字が上がるように置きます。

                        なお配置できない場合は公開チェットを変更することになります。

                         

                        アクションは、一般アクションと、ミスターXがブラックチケットを使うアクションの2種類があります。

                         

                        一般アクションは以下のものです。なお対応する色のカードを出すと、より強力な効果となります。

                        チケット獲得:チケットカードの山札から引きます。

                        尋問:拡大鏡カードを1段階進めます。3枚表向ければ他プレイヤーの手札をすべて見て、ミスターXであればブラックチケットを1枚得る代わりに、手札を3枚捨てさせます。そうでなければ彼はXではないことがわかります。

                        捜査令状:誰かのプレイヤーから1枚ランダムでカードを引きます。Xのカードを引いたら刑事の勝ちです。そうでなければただ単に捨て札になります。

                         

                        ブラックチケットを用いたミスターXのアクションは以下のものです。

                        陽動:刑事側の合計で規定枚数のカードを捨てさせます。

                        道具入手:4枚手札を補充します。

                        逃亡:全プレイヤーが1枚を裏向きに出し、よく混ぜて各プレイヤーに1枚ずつ渡します。これによりXのカードが移動することもあり、その場合は受け取ったプレイヤーがミスターXとなります。

                         

                        これを繰り返して、ミスターXのカードが引かれたり捨てさせられれば刑事の勝ちです。

                        反対に山札がなくなったり、刑事の手札がなくなったらミスターXの勝ちです。

                         

                        引き運は多分にあります。非常に緊張感がある、ボード版とは異なる逃走劇が楽しめます。

                        テイストは多少「犯人は踊る」に近いですが、Xを追い込んだり、また包囲網をかいくぐるという感覚は「犯人は踊る」とは明らかに違います。

                        Calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << March 2019 >>
                        PR
                        Spider
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM