<< スペクタクルム | main | サナトリウム >>
2012.10.30 Tuesday

南極点への道

0


    また、期間が空いてしまいました。申し訳ございません。
     
    「南極点への道」は、アムンゼンやスコットのように、南極点によりはやく到達することを目指すダイスゲームです。
    http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/008002000433/008/002/

    現実的に、まだ南極点に人間が到達してから100年ちょっと経っていません。
    まあきっと、ダイアー教授が古のものとショゴスに遭遇してしまうゲームと思った方は残念な方です。ウルトラクイズよろしく楽しい狂気山脈行きです。

    このゲーム、デザイナーはアムンゼンさんです。親族でしょうか?
    また、写真にところどころ汚い手が出てきますが、多分南極にいるはずの大型の奉仕種族か何かでしょう。

    ボードに地形タイルを敷き詰め、各プレイヤーのボードと旗マーカー、初期の体力マーカーを持ちます。
    ボードにはノルウェーやイギリスなどの国のシートがあり、それらはアムンゼンとスコットなのは容易に想像付きますが、白瀬中尉が見事にハバチョにされています。調べるとアイルランドはシャクルトン、ドイツはフィルヒナーでいいのですが、カナダ人って誰でしょうか?

    基本的に、ダイスを振って必要な目が出れば先に進める、バスト系ゲームです。

    手番になったら、最初にこのラウンド使用するダイスを6個選びます。
    これらは乗り越えなければいけない地形に対して必要な数字で、色に対応します。
    移動を行い、移動が成功してキャンプを置くか、さらなる移動を行うかを選んでいきます。
    (山には移動できません。無理です。狂気山脈です。)

    例えば、前にあるのは青の6で、その先に白と青(雲間からその色が見える)の可能性が高いので、青4/白2でスタートします。


    青で合計7(今回は白は関係ありませんが3)なので、アプローチ成功です。


    これだと、青は3しかないので、後述する体力コマを使わないと、アプローチ失敗です。


    中盤に差し掛かると、タイルが裏向きですが、雲間から必要な色が見えています。
    必要な色ですので、先を見越して色を選ぶ必要があります。

    もし、アプローチに失敗したら、この手番で自分がスタートしたキャンプ地点まで戻されます。この時、残念賞として、体力コマを1つもらえます。
    弱者救済、こういったものには甘えましょう。

    こんな状態。ここで1個しかない体力コマを使うくらいなら、という状態です。

    成功したら、以下のいずれかになります。
    ・移動を続ける:
    移動を繰り返して、さらに先に向かいます。この時にダイスを変えることはできません。
    なお、移動を続ける際に、0の目を捨てることで、体力コマを1つ獲得できますが、減ったダイスで先に進む必要があります。

    こんな感じです。体力コマを1個獲得できますが、これ以降の移動は青3個/白2個で挑む必要があります。

    ・キャンプ地の設営:
    移動を終える場合は、この場所にキャンプ地を置き、次回この場所からスタートとなります。このキャンプ地が、地味に妨害工作となります。なぜならキャンプ地のある場所では移動を終えることはできません。またタイルの中にもキャンプ地があるものがあります。

    こんな感じで置きます。このマスの場所では、移動を続けることしかできません。

    体力コマ:
    体力コマを使用して、以下のアクションがあります。

    ・任意のダイスの数の振り直し。
    不要なダイスの目を、体力コマ1個を使用して振り直します。

    青5が出ていないので、どうしても先に進みたい場合は、(この場合は3個)振り直します。

    ・ダイスの色を変える。
    確実に成功させたい場合に、1個につき体力コマ1個を使用して、ダイスの色を変更します。
    これで適合していない地形もなんとか乗り切れるかもしれません。

    何故かしらねど、黒4/白4必要で、さらにキャンプがなぜかあるのでここで移動終了は無理です。むりやり体力コマ2個使用し、青の2を2個黒に変更して、クリアします。

    ・タイルをのぞき見する。
    先を確認するために、体力コマ1個を使って、タイルの正体を見ます。
    ダイスを選ぶ前に見るのは効果的でしょう。

    チラ。

    これを繰り返していき、探検隊を奥まで移動させます。
    極は地形は分からず、出たとこ勝負になりますので、体力コマがものを言います。
    その地形を踏破したら、自分の旗を置きます。これもタイルに対して1枚の旗しか置けません

    プレイヤーの持つ旗を全て置ききったら、そのプレイヤーが、南極点を最初に発見したことになり、ゲームに勝ちます。

    これが勝利の旗だ。
    2018.08.15 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      Spider
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM