<< ゲーム紹介:ゲームマーケット向け:カタリスト | main | ゲーム紹介:ゲームマーケット向け:1906サンフランシスコ >>
2018.11.22 Thursday

ゲーム紹介:ゲームマーケット向け:カホーツ

0

    「カホーツ」は、勝つために相手と共謀することを強制されているトリックテイキングのカードゲームです。 

    https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006919/ct90/page1/order/

     

    各プレイヤーは、アイデンティティカードで得点になるスートを設定されます。

    その後カードを均等になるように配ります。

     

    このゲーム、フォローの義務はなく、さらに各プレイヤーには”共用となる”得点になるスートがあります。

    ですので、相手の出方でどのスートを勝たせるかを検討できます。日和見よし、突っ張ってもよし、後ろのプレイヤーに動向を訪ねるもよしです。だから場合によっては裏切りや泣いてもらうことが生じます。

    またゲームで出されたカードは、手札に入り、得点に入りなので、だんだん減っていくなかで、カードがどこにどう動いたかをちゃんと見ておくことが意味があります。

     

    ゲームは以下の流れによります。

    1、カードプレイ:
    スタートプレイヤーは手札から1枚を選び表向きに出し、その後時計回りに同様に1枚ずつカードを出し、これを2周続けます。
    プレイヤーはどのカードが出されたかを見ながらゲームを進めます。フォローの義務はありません。

    2、結果確認:
    カードがすべて出されたら、それらをスートごとに分けて各スートの合計値を計算します。
    合計値が最も高いスートがこのトリックの勝利スートとなります。

    3、カードのキープとカードのキル:
    スタートプレイヤーから順に、今回のトリックで出されたカードから順に1枚ずつ選び、自分の前に表向きもしくは裏向きに置くかを決めます。表向きにしたカードは「キープ」として自分の手札に加え、裏向きにしたカードは「キル」として得点札にします。
    次の2枚目のカードは、最初に選んだカードと向きとは逆にしなければなりません。つまりキープとキルは1まいずつです。
    全員が並べ終えたら、各自キープのカードを自分の手札に加え、キルしたカードはトリックの得点者に1枚1点として点数分だけ渡します。

    その後各自の手札がまだ2枚以上残っていたら、スタートプレイヤーカードを左隣のプレイヤーに渡して次のトリックに進みます。
    11回のトリックを終えたらゲームは終了します。最終トリック時、キープ/キルフェーズの前に全員の手札が尽きています。

    ゲーム終了時点で獲得点数の最も多いプレイヤーが勝者です。

    2019.06.22 Saturday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      PR
      Spider
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM