<< ザ・ギャング | main | 小吃大胃王・タイワンスナックバー >>
2012.09.13 Thursday

ザ・ボス

0


    約1週間以上サボってしまってごめんなさい。

    「ザ・ボス」は、ギャングの抗争をテーマにしたゲームです。
    http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/012002000289/012/002/

    このゲーム、箱は小さいですが、かなりの心理戦を要求されます。
    なにせ、カードの裏から「その街のカードを持っている」という情報が見えるのです。
    リトマス試験紙のごとく浮かび上がります。
    「男のリトマス試験紙」は「木曜洋画劇場CM:コブラのスタローン」ですが。


    各街に対して、自分の配下を展開てその街を牛耳るのですが、その街の情報を確定していくことで「結果その街の運命は何なのか」を推測していくことが重要です。場合によったら牛耳った街がワナだったということもあり、慎重にしていかなくてはいけません。

    最初に街を構成し、各街に1枚ずつ対応する街のカードを裏向きにします。
    各プレイヤーは配下を持ち、各プレイヤーにカードを1人5枚ずつ配ります。
    配下には正規構成員と準構成員がいますが、準構成員は正規構成員と一緒にではないと置くことができません。また準構成員は捨てコマなので、使い終わったラウンドでサヨウナラです。
    すなわち、正規構成員は”ボクシング元世界チャンプの暴力団員”で、準構成員は”誠意大将軍”みたいなものです。(こんなの分かる人だけ分かればいいたとえです。)


    カードもランダムに配られますが、手札に来たカードは、この街の運命では「ない」です。
    伏せられたカードが真実です。神宮寺三郎シリーズにも「伏せられた真実」ってありました。


    ボストンの構成です。
    3の可能性は半分半分ですが、残りはフランク・レオンよろしくロックアップ(やっぱりスタローン)されるか、病院送りでDiceKよろしく故障者リスト(DL)入りになります。後ろ2つはワナなので、この可能性が増えたらボストンは要注意です。

    手番になったら、以下の流れで行います。
    どちらかだけやってもかまいません。

    1、1人以上の構成員コマを、1つの街に置く。
    構成員コマを置く場合は、1つの街に正規構成員を1人以上置かなくてはいけません。
    またその街に他プレイヤーと同じ数になるように構成員は置けません。
    シカゴにも置けます。シカゴはそれより左にある都市の得点の影響を受ける、アルカポさんと共同で支配する場所です。


    フィラデルフィアに黒の2人の正規構成員がカチコミに!
    おお、こわい。

    もし既にある場合は、数が異なるようにします。
    ボケててすみません。デトロイトにいる黒の海老蔵に、赤のリアン被告のグループが急襲。
    この後「灰皿テキーラ」でしょうか? 海老蔵にげてー。

    2、都市カードのプレイ(必須)
    必ず1枚、都市カードをプレイします。これで各都市の真実が徐々にわかります。
    シカゴのカードはありません。
    カードプレイされたものは、消去法の法則でそれではありません。だから裏からカードが見えるのがいやらしい。


    田舎のカンザスは、2の可能性は消えました。
    これで3か処刑なので、これでカンザス激アツ。胸躍る展開で「デッド・オア・アライブ」、だけど決して胸は揺れません。

    最終的にカードが全て置かれると、判定です。
    各都市に最も多く構成員を置いたプレイヤーが、その都市を牛耳り、その結果を適用します。点数の場合はいいのですが、「逮捕」や「負傷」のように正規構成員が数ラウンド使えなくなったり、「処刑」されてサヨウナラ(多分キッチンにケイシー・ライバックでもいたんでしょう)になったり、「追放」されてその都市に入れなくなることもあります。

    シカゴは特殊な場所で、前提条件として他の都市に構成員を置いてなくてはならず、それより左の都市の結果に左右され、それらの都市の点数合計の半分が入ります。(0919追記)

    この場合、赤がシカゴを牛耳ります。
    設定上、アルカポさんが不動のシカゴの共同オーナーなので、彼と点数を半分にします。
    ですので、ニューヨーク:2+ボストン:3+デトロイト:3=8で、4点を分け合います。
    端数が出たら、アルカポさんが持っていきます。アルカポさんヒドイ!


    得点計算です。上記の場合、
    ニューヨーク:黒1点、シカゴ:赤0点、ボストン:黄3点、
    デトロイト:青3点、カンザス:赤3点、シンシナティ:青1点、メンフィス:黒3点、
    フィラデルフィア:青「逮捕」となります。


    別のゲームの展開です。
    得点トラックには、得点のほかに、ムショと病院があり、ムショの刑期は2ラウンドです。
    病院の入院は1ラウンドで復帰できます。

    次のラウンドになったら、警察カードをめくり同じマークが3つそろわない限り、このラウンドを始めます。最長5ラウンド行います。
    最初の準備を行い、シカゴの位置を1つ右にずらすことで、シカゴの影響を受ける都市が増えます。
    ポリスバッジが3つ揃ったラウンドを行って終了、得点の最も高いプレイヤーが勝ちます。
    (0919修正)

    金と銀のポリスバッジ。金なら1枚銀なら5枚というわけではない。

    2017.05.18 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      失礼します。
      ルールがいくつか間違えている気がするのですが…。
      シカゴの得点計算とか、警察カードをめくるタイミングとかです。
      • no name
      • 2012.09.18 Tuesday 22:03
      確かに間違えているような気がします。訂正しておきます。
      ありがとうございました。
      • ゲームストア・バネスト
      • 2012.09.19 Wednesday 09:23
      コメントする








       
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      Spider
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM