<< ボードゲームの紹介:北極ラッシュ! | main | ボードゲームの紹介:クリスマスの12日 >>
2017.09.01 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.30 Thursday

    ボードゲームの紹介:マッチマッドネス

    0

      「マッチマッドネス」は、キューブを用いて指示された形を素早く構成するゲームです。

      1-4人、7歳以上、20分、3700円(170330現在)

      http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/000000005928/

       

       

      プレイ用ブロックを並べてパターンカードにあるパターンを最も早く作り上げ、パターンカードを獲得するゲームです。

      すごく分かりやすく、また難易度も分かれているために、とっつきやすいゲームです。

       

      メーカーはフォックスマインド、覚えている方がいらっしゃるかどうかは分かりませんが、その昔「スカッド7」を出していたメーカーで、最近だと別の意味で”頭を使う”ゲームの「リフト・イット」がそうです。

      エッセンでもいつも覚えてもらっている、非常に気さくな会社です。

       

      そんな会社の、中野の一番のお気に入りは「マッチマッドネス」という、パターン認識ゲームです。

      難易度も5段階、簡単なものから難しいものまであり、手ごたえ十分です。

      多分一番難しいものは、パターン1つしかないでしょう。

       

      各プレイヤーはブロック5種類(ダイス目1-5)を1個ずつ受け取ります。

      パターンカードを裏向きのままシャッフルして山札にします。

      あらかじめ何回やるか決めておきます。

      こういう1x2になったキューブを用います。

       

      山札の一番上にあるパターンカードを全員が見えるようにめくり、自分のブロックを組み合わせて、パターンカードで示された模様を作り上げます。

      これが完成図:


      パターンカードで示された模様を最も早く作り上げたプレイヤーは、テーブルの中央に置かれているパターンカードを取ります。

      こんな感じ:右が正解

       

      模様が正しくできている場合には当該プレイヤーがそのパターンカードを獲得します。

      組み合わせを間違えていた場合には、パターンカードをテーブルの中央に戻し、ゲームを続行します。間違えたプレイヤーはこのパターンカードを獲得する権利を失います。

      これはダメです。上のキューブが反対です。

       

      その回数のパターンカードを誰かが獲得したらゲーム終了です。
      パターンカードを最も多く獲得したプレイヤーが勝利し、同じ枚数であればより難しいパターンカードを取ったプレイヤーが勝ちます。

      3枚の方が勝ちます。

       

      2017.09.01 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        Spider
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM