<< ボードゲームの紹介:タリン | main | ボードゲームの紹介:北極ラッシュ! >>
2017.09.01 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.14 Tuesday

    ボードゲームの紹介:トゥクトゥクウッドマン

    0

      「ウッドマン」は、斧で樹木を叩いて、幹ごと倒すことなく価値ある樹皮を獲得するゲームです。

      2-8人、6歳以上、10分、2800円(170314現在)

      http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/007002000116/

       

       

       

      「きこり」というと、皆様は何を思い出すでしょうか?

      サブちゃん(何)? CWニコル(ちょっと違う)? チャック・ノリス(だいぶ違う)?

      多分そのあたりだと思います。

      特にチャック・ノリスは、素手でチェーンソーを止められます。

       

      そんなことは我々はできません、チャック・ノリスは完全無敵で、彼ならばゲオの店頭でツタヤのレンタルDVDを返却できます。

       

      さて、ウッドマンの紹介です。

      デザイナーはジャスティン・オー、韓国ゲーム協会の会長さんで、プラスチック会社の社長さんだったと思います。

      どうりでプラスチック成型がすごいです。

      樹木の根元ブロックをテーブルの中央に置き、幹ブロックに4つの樹皮ブロックを嵌めこみ、樹皮の継ぎ目が互い違いになるようにすべて積み重ねます。

       

      手番になったら、樹木を斧で2回を打ちます。
      剥がれ落ちた樹皮ブロックや落とした幹ブロックを拾い、それらをゲーム終了時の得点とします。

       

      樹皮ブロックがすべて剥がれ落としたら、幹ブロックが樹木の根元ブロックの上にあろうが無かろうがゲーム終了です。

      各プレイヤーは、自分の持つ樹皮ブロック1個につき1点、幹ブロックは1個につきマイナス5点です。
      なお幹を倒した場合に、その斧で叩いた分で剥がれ落ちてしまった樹皮ブロックは得点にしない方がいいでしょう。

       

      最も得点を獲得したプレイヤーの勝ちです。

      子供や、先のゲームで最下位だったプレイヤーは、手番で追加でもう1回斧で打ってもいいでしょう。

      多人数の場合は先のゲームで勝ったプレイヤーは手番で1回しか斧で打つことしかでなくてもいいでしょう。
      また色分けで異なる点数や、3色集めるとボーナス点をつけてもいいと思います。

      2017.09.01 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        Spider
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM