<< ボードゲームの紹介:フルーツサラダ | main | ボードゲームの紹介:ワザ・バラザのマジックサークル >>
2016.10.26 Wednesday

ボードゲームの紹介:ヴァイ

0

    「ヴァイ」は、この地に新たに興された王国の支配者となり、未開の地をファミリーの力などを用いて開拓していくゲームです。

    2-5人、8歳以上、30分、3400円。

    http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/000000005378/

     

    昔からあるゲームのジャンルの1つに、陣取り系というゲームがあるかと思います。

     

    ゲーム中

     

    基本ルールは簡単です。

    すごくシンプルに、連鎖性をテーマにしたゲームなのです。カードを引いて並べ、そこにマーカーを置く。

    カードの連鎖具合でマーカーを置きかえる。それだけのゲームですが、テンポもよく、短時間で終わる。

    特殊カードで、様々な効果の変化のアクセントがあり、それでゲームの内容を変化させられる。そういう感じのゲームです。

    イラストは非常にシンボライズになっています。

     

    各プレイヤーは4枚のファミリーカードを場に並べ、自分の色のトークンを30個持ちます。

    人数に応じた土地カードを準備してよく切り山札にします。また最初のレイアウトを構成します。

    山札から土地カードの手札を4枚持ち、ゲーム終了を告げる女帝カードを山札の下の方に組み込んでゲーム開始です。

    特殊カード:

    死都:アンデッドトークンをプレイヤーの人数に応じて置いて場に出し、隣接する土地に対して攻撃します。

    砦:砦カードにトークンを4つ置いて場に出し、それに隣接する自分のトークンのある土地に、砦から移すことで取られにくくできます。

     

     

    手札またはサイドボードから1枚をプレイします。サイドボードからカードを使う場合は手札は補充しません。

    カードは縦横につながるように場に出し、出したカードに自分のトークンを置きます。

    もし土地カードを出したら、その土地と同じ種類で接続する土地にあるトークンを所有者に戻して(攻撃)、かわりにその土地カードすべてに自分のトークンを置きます。

    ファミリーカードを置いたら、その向きに対応した全ての土地カードにあるトークンを所有者に戻して(攻撃)、かわりにその土地カードすべてに自分のトークンを置きます。

    特殊カードを置いたら、その効果を適用します。それによりマーカーの置き換えなどのルールで変化が起こります。

     

    サイドボードにあるファミリーカードは、顧問/王/女王/世継があり、その指示された向きに対してマーカーを置きます。

    ファミリーカードは比較的力が強いので、使うタイミングをはかる必要があります。

    ファミリーカード:王、縦横に隣接する土地カードにトークンを置きます。

     

    これを繰り返し、ゲームを終わらせる女帝のカードを引いたら、その時点でゲーム終了です。

    この時点で1つあたりのマーカーの接続するグループが最も大きいプレイヤーの勝ちです。

    右が時間を終わらせる「不可避の女帝」

     

    基本がシンプルで、特殊カードを入れることでゲームの効果を増やす。このシンプルさが受けると思います。


    2017.09.01 Friday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      Spider
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM