<< ボードゲームの紹介:ヘンギスト | main | ボードゲームの紹介:ヴァイ >>
2016.09.08 Thursday

ボードゲームの紹介:フルーツサラダ

0

    「フルーツサラダ」は、ダイスで指示された種類のフルーツがいくつあるかを判断して、正しくカードを叩くゲームです。

    2-5人、6歳以上、15分、2200円。

    http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/000000005851/

     

    みなさんは、フルーツは好きかと思います。

    中野はバネストのお客様で農家の方がいて、たまに色々なものが差し入れでいただけたりします。

    ビワとかザクロとか、なかなかおいしいものです。

     

    さてこのフルーツサラダ、記憶系と判断系の2軸であるゲームです。

    ドブルとか、ブーストとか、家族向け反射系のカードゲームの基本スタイルである、円形の缶入りです。

     

    カードを切って、各プレイヤーに均等に配り、裏向けにします。

    各ラウンド、最初にサイコロを振ります。その指示で「どの果物」が「何個」で宣言可能となります。

    上が果物指定、下が個数指定

     

    手番プレイヤーは、カードを場に表向けにめくります。

    そこには、果物が色々書かれており、またダイスの変更指示のミニオン君もあります。

     

    それを繰り返していき、その指示した果物が指示された個数あれば宣言します。

    正しければ、1点獲得。さらにその山をプレイヤーに任意でカードを分配し(好きに分配OK)、各プレイヤーの山札に入れさせます。

    間違いであれば、それらをすべて自分の山札に入れなくてはいけません。お手つきです。

    なお山札にカードを入れさせる場合に、見えないように隠すのはOKです。

     

    「何でもOK」で「4つ」の指示です。いま「洋ナシ」と宣言しました。しかし洋ナシは3つしかなくこのラウンドの敗者となります。
    スイカだったら5つもあったので、もし「スイカ」と言えば、このラウンド勝利していたでしょうに!

     

    あ、この人、何でもOKの人。

     

    ダイスの指示変更のミニオン君が曲者で、これにより、見るべき果物が変更したり、さらに個数が変わります。

    ここで何がどれぐらい出されたかを覚えておく必要があります。

    またひどいのが、ダイス変更指示があるのに、その処理をせずに宣言したら、オートマチックに失敗扱いとなります。

    ダイスの指示の変更ミニオン君。左が果物の種類、右が個数の変更にさらされる。


    これを繰り返していき、4点取るか、手札のカードをすべてなくせばゲームに勝ちます。

     

    ポイントとしては、ミニオン君のダイスで取るべきものが変更され、またもどるということもあります。

    記憶がねじれるのがいいことに思います。ドブル/ブーストもそうですが、丸い缶には外れが無いです。

     

     

    2017.07.18 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      Spider
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM